最新情報

Pas de bras, pas de chocolat

投稿日 2014.12.08

今日、TF1(フランスの放送局、現在は民営ですが、以前は国営だったため、今でもフランスのメイン局)で Intouchables がテレビ映画として流れていました。

日本語では、「最強のふたり」というタイトルだったようですね。

あ、2011年の映画です。

日本語ヴァージョン見たことないのですが、ここどう訳したんだろ? というセリフが多いので、機会があったら見てみたいと思います。


私自身は見るの3回目‥かな。


日本でもとても興行が良かったようですが(いや、よく知りませんが。そんなハナシを聞いたことがあるような)フランス人もこの映画好きという人多い気がします。


で、今回の記事のタイトル。

Pas de bras, pas de chocolat

bras = 腕
chocolat = チョコレート

直訳すれば、腕がなければ、チョコもない

これが映画の序盤、体の不自由な(腕も動かせない)ムッシューに対するセリフ!

自分が食べてるチョコを食べたがるお金持ちのムッシューに対して言放つんですね~。(爆笑しながら)

このセリフは、この映画の特徴的なセリフでもあります。



私は日本語訳を見てないのですが、ここ、どう訳されたんだろ?


というのも、これはかなりなブラックジョークですが、いわゆる言葉遊び的な意味もあって、直訳ではその面白さは伝わらないだろうし。

チョコ食べだければ、腕動かせ!

つまり働かざるもの、食うべからず! 


あ、ムッシューは体は不自由だけどお金に不自由していないので、当然働いていませんからね‥。


まぁ、そういう皮肉にも取れるわけです。


ここで私たちフランス語学習者が勉強するべきは、このセリフそのものではなく。

(いや、このジョーク使うのは、熟練してから、よく空気を読んでいいましょう。いや、使う機会はないか‥)

Pas de ~~~ Pas de ~~~

という言い回しは、結構よく使われます。

もちろん、ここは自分で当てはめて作っていいわけです。

わたしなら‥

Pas de regime, pas de noel とか?

(regime はダイエット、noel はクリスマス。フランスのクリスマスシーズンは非常に危険で誘惑に満ちているため。それこそchocolats どころではありません!!)


ちょっと面白おかしく話したい時に使える言い回しではあります。


この映画はデリケートなテーマが混じって、セリフもいかにも今のフランスらしく。

小さなエピソード、小さなコミュニケーションの積み重ねが面白くて効果的です。

大きなエピソードがあってそれがすべてを解決するという風にならないで。


ちっちゃく、ちょっとずつ、図々しく、面白く。


以外とコレ、フランス人とのコミュニケーションのキモだったりする気がします。



さて、そんなこんなであと2週間でクリスマス!


ダイエットなくして、クリスマスなし!です(>_<)






まずは気軽に何度でも無料相談