フランス生活便利情報

暦と祝日・ヴァカンスについて

フランスの祝祭日

休日になる祭日

日付け 呼び名 備考
1er janvier
(1月1日)
Jour de l’an 一年の最初の日。日本のお正月。
Lendemain du dimanche de Pâques.
(パックの翌日の月曜日)
Lundi de Pâques パック(復活祭・イースター)は春分後の最初の満月の次の日曜日。その翌日の月曜日も祝祭日。
1er mai
(5月1日)
Fête du
Travail
8時間労働が認定されたのを記念したのが始まり。伝統的に、多くの労働組合や政治関連がデモをする。
この時期に開花するスズランの花のブーケを”幸運を呼ぶ”として贈り合うのが、フランス(ベルギー)では一般的。
8 mai
(5月8日)
Fête de la Victoire 第2次世界大戦終戦記念日(1945年)
Jeudi 40 jours après Pâques
(パック40日後の木曜日)
Ascension カトリックでキリストの昇天を祝う。
Septième dimanche après Pâques et le lundi suivant.
(パック後の第7日曜日と翌日の月曜日)
Pentecôte (et Lundi de Pentecôte) キリスト教で聖霊降臨祭の翌日の月曜日。
2008年より通常の祝日となっているが営業している店舗も多い。
14 juillet
(7月14日)
Fête
nationale
1790年の7月14日の市民連盟と1789年7月14日のバスティーユ奪取を記念した祭日。
15 août
(8月15日)
Assomption カトリックで、聖母マリアの被昇天を祝う。
1er novembre
(11月1日)
Toussaint カトリックですべての聖人を祝う。諸聖人の大祝日。万聖節。この祝日を挟んだヴァカンスは日本で言うお盆にあたる。
11 novembre
(11月11日)
Armistice de 1918 第一次世界大戦の休戦記念日
25 décembre
(12月25日)
Noël クリスマス。キリスト降誕祭。

日本のゴールデンウィークなどと同様、祝日が木曜日の場合など、金曜日に橋をかけて(pontsといいます)土日とあわせて連休にすることが良くあります。
よって祝日明けだからといって会社や学校が開いているとも限らないので要注意です。

休日にならない主な祭日(日曜祭日を含む)

日付け 呼び名 備考
6 janvier
(1月6日)
1月最初の日曜日に祝う
Épiphanie カトリックで公現祭。(東方の三博士の訪問を記念する日)
この日はgalette des Roisと呼ばれるお菓子を皆で食す習慣がある。fèveと呼ばれる陶製の小さな人形が入った一片に当たった人は、その日の王様(女王)となる。
2 fevrier
(2月2日)
Chandeleur カトリックでろうそく祝別の日。キリストの奉献の祭日。
この日はクレープの日として知られる。左手に硬貨を握りながら、右手でクレープを焼きながら裏返し、その年の特に経済的な繁栄を祈るという習慣が親しまれている。
14 fevrier
(2月14日)
Fête des amoureux
Saint-Valentin
聖バレンタインデー
Premier dimanche de mars 
(3月最初の日曜日)
Fête des grands-mères 祖母の日
47 jours avant Pâques
(パックの47日前)
Mardi Gras カトリックで謝肉の火曜日。
beignets de carnavalと呼ばれるベニエ(揚げ菓子)を食べることで知られる。また、特に子供が仮装してお祝いする。
premier dimanche qui suit la première pleine lune de printemps.
(春分の日後最初の満月の次の日曜日)
Pâques 復活祭。イースター。キリスト教でキリストの復活を祝う日。
伝統的に、家族で集まって子羊のローストなどを食す。生誕の象徴である卵の形をしたチョコレートなどを贈るのが一般的。卵を隠して子供がそれを探すというのもよく行われる行事。
49 jours après Pâques
(パック後49日;パック後の第7日曜日))
Pentecôte 5旬祭。聖霊降臨祭。
Dernier dimanche de mai 
(5月最後の日曜日)
premier dimanche de juin
(pantecoteと重なった場合;6月最初の日曜日)
Fête des
mères
母の日。
Troisième dimanche de juin  Fête des pères 父の日。
21 juin Fête de la Musique 音楽祭。
2 novembre  Fête des morts 故人の日。

 

フランスのヴァカンス

バカンス(vacances)は一般的に、夏などの長期休暇(企業ならば有給長期休暇)もしくは学校の休み(夏・トゥーサン・クリスマス休み・冬・パック・)の期間を指します。

学校の休み(Vacances Scolaires)は、ZoneAからCと地域によって分かれ、期間が多少ずれていることがあります(全期間が同じヴァカンスもあり)。
この期間は電車などの料金が異なったり、道が込みあったりするので注意が必要です。Vacances Scolaireはこちらで毎年カレンダーが出ています。

フランス政府教育省の公式サイト Education.gouv.fr

通常夏は7,8月がヴァカンスですが、大学のヴァカンスは6月中旬頃からはじまり、9月中旬までと長く、大学事務局なども2ヶ月近く閉鎖状態となります。
9月から大学学部、付属語学学校、もしくは専門学校に入学を望む場合、このヴァカンス前に必要な入学手続きを済ませることが非常に重要となります。


まずは気軽に何度でも無料相談