フランス留学基礎知識

留学の期間とビザの種類

学生ビザ(18歳以上の方対象)

学生として留学を希望する場合、留学予定期間によって、取得するビザが異なります。

ビザを取得しない場合

フランス滞在期間が90日未満の場合、ビザを申請する必要はありません。
ただし、フランス入国後、90日以上滞在を延長することはできません。
現地でのビザ申請などは一切不可能となります。
基本的に、フランスを出国し、日本に帰国することで、再入国が可能となります。

90日以上、6ヶ月以内フランスに滞在する場合

一時(短期)学生ビザ(Visa de long séjour temporaire)を申請する必要があります。滞在許可証申請を免除されるビザであるため、渡仏後のOFII(移民局)手続きは不要です。

ただし、一時学生ビザでは、滞在許可証が得られないことから、以下は不可能です。

  • 滞在期間の延長
  • 住宅補助(アロカシオン)の申請
  • セキュリテソシアル(フランス社会保険)への加入
  • 賃金を得る労働、アルバイト

6ヶ月以上フランスに滞在する場合

長期学生ビザを申請する必要があります。
フランス入国3ヶ月以内に居住県管轄の移民局OFIIへ出頭し、以下の手続きを必ず行ってください。

必要書類は、申請年度、時期、居住地によって変わりますので、必ず渡仏後、最終確認をしてください。

OFII申告時 提出書類例

  • ビザ取得時に受け取ったOFII申告書(大使館スタンプ入)
  • 入国時パスポートに捺されたスタンプページのコピー
  • ビザページコピー
  • フランスでの住居証明
  • 申請料金58ユーロの支払い
  • 健康診断

この手続きを行わなかった場合は不法滞在とみなされ、取得したビザも失効になります。

3ヶ月以上滞在する場合の学生ビザ申請必要書類の詳細ページへ

 

ワーキングホリデービザ

観光と就労を目的とした場合に申請するビザです。
ビザ有効期限は1年間で、滞在許可証申請はできないため、延長は認められません。
 滞在中は、観光、学生として通学、就労するなど、その滞在内容に制限はありません。(ただし、就労の意思がある者、というビザ申請条件があります)

その他の種類のビザと取得に関しては、お問い合わせください。

無料相談でまずはビザを決めましょう

シュマン・アッシュの無料相談は、学校決定、ビザ決定を援助しています。
これらが決定しない限りサポートをお受けしませんので、決定するまで無制限でメール相談をご活用いただけます。
留学プランを決定する上で、どのビザを申請するかはとても重要です。まずはご自身の留学プランにもっとも適切なビザを一緒に検討しましょう。

留学期間・予算・希望の滞在内容を伝えて無料相談を活用する


まずは気軽に何度でも無料相談