フランス留学特集

2017年 ワーキングホリデービザ 

まず、フランス ワーキングホリデービザとは?wh5

フランス大使館に記載されている文章は、「ワーキングホリデー・ビザとは、フランスと日本の若者たちが、自由な時間を利用して、お互いの国の文化や生活習慣に触れる良い機会を与えるため、また滞在費用を補うために就労を許可するものです。」とあります。
申請資格は18歳以上30歳以下。はじめての「フランスワーホリビザ」の申請であること。子供同伴ではないことが正式発表されている条件です。
ちなみに、30歳以下という条件をもっと詳しく言うと、31歳の誕生日の前日までにワーホリビザ申請を大使館で行えば良い、ということになります。

学生ビザとの違いは?wh4

学生ビザは年齢制限がありません。(若い方が比較的取りやすい傾向はあります)
また、学生ビザ申請には必ず登録している学校の発行する証明書が必要ですが、ワーホリビザは特にそのようなフランスの機関から発行してもらうべき書類は必要ありません。
長期学生ビザを取得すれば、現地で学生でいる限り、滞在許可証の更新が可能なのが学生ビザ。ワーホリビザは有効期限が丸1年で、それ以上の延長は一切不可です。
また意外と知られていませんが、ワーホリビザで渡仏した場合、アロカシオン(住宅補助)等の申請ができません。
またワーホリビザは現地で働けるビザという考えをお持ちの方も多く、実際その通りですが、学生ビザも年間960時間まで労働が認められています。

語学力は必要?語学学校に通うべきですか?wh10

せっかくのワーホリビザだから現地でアルバイトしたい!という方も多いと思いますが、現在フランスでは失業率が高く、フランス語を話せないとアルバイト探しはなかなか大変です。
また観光メインだとしても、現地の言葉がわかると、その充実度は全く異なるものになります。英語で感じ取るフランスと、フランス語で感じ取るフランスは別のものです。
やっぱり、ある程度のフランス語力、特に会話力(ヒアリング、口語)は身につけているととても有利です。
ワーホリビザは授業時間制限等もないので、自由に学校プログラムを組むことができるのも、メリットです。ぜひ活用して、1年のフランス滞在を充実させましょう。
1年の滞在のうち最初の数ヶ月を語学研修にあてる方は多く、またそこでの出会いがその後の滞在を充実させるきっかけになることも多いようです。
行かれる都市で、特にワーホリビザにあった学校など、アドバイス可能ですので、ぜひ無料相談でお尋ねくださいませ。

学生ビザとワーホリビザ、迷っているのですが‥wh2

フランスワーホリビザは生涯1回のみ、30歳以下ならば自由に1年間フランスに滞在できる特権です。最大限にそれを活用したいですね。
しかしワーホリを終えた方の感想として、「語学力が足りずにいろいろ残念だった」 「もう一度フランスに学生ビザで戻りたい」 「もっと勉強してから行くべきだった」「もう少し働きたかった」などという意見をよく耳にします。特に語学の勉強もちゃんとやりたいという目的の場合、ワーホリか学生ビザか迷われる方は多いようです。
これは、最終的にどのような未来を描いているか、フランスでの滞在経験をどのように将来活用しようと考えているのか、フランスで専門学校等に通うのか?フランスの大学入学を視野に入れているのか?もしくはフランスで職業研修したいのか?といった個人のその先にある目的によって変わります。
後悔のないワーホリビザ活用の為にも、ぜひそのような点を一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。アドバイスするのは10年以上フランスビザサポートを行ってきたプロであり、過去、同じように学生ビザ、ワーホリビザでフランス滞在経験をしている仲間でもあるのです。無料で意見を聞ける、その機会をお見逃しなく。

パリか?地方都市か?どこに行こうか迷います‥wh6

特に職業経験、アルバイトをしたい!という方は、「やっぱり仕事が多いのはパリだろうから、パリがいいかな?」と考えるようです。でもそう考える方が多いということは、ライバルも多いということですよね。
仕事探しで情報収集が大事なのは日本同様ですが、フランスは特に口コミ社会です。日本人フランス人問わず現地で知り合いをつくり、ネットワークを広げることができれば、地方都市でも十分仕事が見つかる可能性があります。
特に、いわゆる「手に職をもっている」技術職、料理人やパティシエ、美容師等は、パリにこだわらなくてもある程度の規模の地方都市ならば十分仕事をみつけるチャンスはあります。
また、地方都市でホームステイなどすると地元情報をファミリーから教えてもらえたり、運が良いとお店を紹介してもらえたりすることもあるようです。
逆に、職種にこだわりはないけれど、とにかくフランスで就労体験をしてみたい!というのであればやはりパリがもっとも探しやすいのは間違いありません。

ビザ申請にはどのくらい前から準備が必要?wh1

学校登録証明書等、フランスの機関に発行してもらう書類などがなく、日本ですべての書類を揃えることができますので、その他のビザに比べると短期間で済みます。
ビザ申請自体は、渡仏の3ヶ月前から可能で、ビザは申請後1~2週間程で現在審査、発行されていますので、渡仏3~4ヶ月前に準備をはじめ、2ヶ月前までには申請するといったスケジュールならば安心です。

2017年フランスワーホリビザの申請ポイントは?wh12

現時点で、2016年ワーホリビザと申請書類は同じです。
ただ、申請書類リストは、年度途中であってもいきなり変更になることがあるので注意が必要です。
もっとも大事なのは、動機作文です。これは日本語で良いので(無理してフランス語や英語で書く必要は全くありません)内容をしっかり吟味して、文章の量も考慮しましょう。
一方滞在計画書と履歴書は英語またはフランス語のものを提出を指示されています。これは弊社のサポートをご利用いただければ、フランス語翻訳を無料で行っています。
動機作文も、滞在計画書も、その内容についてのアドバイスを、時に厳しく(笑)行っておりますので、ご安心ください。

動機文って、どんなことを書けばいいの?wh8

では、その大切な動機作文はどんなことを書いていいのか、書いてはいけないことはあるのでしょうか。
まずはあわせて提出する滞在計画書と矛盾しない内容にしましょう。たとえば動機作文の方でいろいろな地域をまわって観光したいと書いているのに、滞在計画書で1年間語学学校に通うという風ですとやや不自然です。よって、「大使館側に誤解されるのことないように」「大使館側がそれを読んで、??と頭にはてなマークが付くような文章にならないように」することが大切といえます。
内容は、「観光メイン」「学習メイン」「アルバイトメイン」のどれが良いのか、いろいろ噂ふくめ飛び交っているようです。実際にはその目的、動機を読んだ人に、「この人にならぜひビザを発給してワーホリの機会を活用してもらいたい」と思わせることができればベストです。どの点に主眼を置くかはもちろん個人の動機によって変わりますが、あまり偏りすぎず、バランスよく、また内容がある程度具体的であると説得力がある文章になります。

滞在計画書って、どんなことを書けばいいの?wh11

2012年のワーホリビザまでは、これは提出書類にはありませんでした。つまり比較的新しい必須書類です。
なぜ、それが追加されたのか。色々言われていますが、動機文だけでは抽象的すぎて、何を目的にしているのかわかりづらいことが多かった為というのもあるようです。よって、具体的に1年のワーホリ滞在中どのように過ごすのかを書けば問題ありません。動機作文の内容に沿って、それを実現するとしたら、こんな感じの滞在になるかな?という風に、これを機会によりワーホリ滞在計画を考えてみる機会を与えてくれていると考えると良いでしょう。
この文章と履歴書の日本語原稿チェック、フランス語翻訳も弊社サポートにもちろん含まれています。

海外旅行保険加入証明書が必須提出ですが、お薦めはありますか?wh9

世界最大の保険会社アリアンツ社が提供している海外旅行傷害保険グローブパートナーをおすすめしています。リーズナブルな料金で、しかもパリに日本人常駐の代理店を通しますので、困った時(保険を使うのは困った時ですね!)日本語ですべて、現地の情報を得られるのは心強い限りです。
内容も必要最低限ですが、診療時は診療料金100ユーロまでカバー(通常1回の診療で100ユーロかかりませんので実質全額カバー)、入院時も県立病院等、セキュとの協定病院であれば100%入院費カバーです。保険加入証明書もフランス語ですぐに出してもらえますし、開始日も自由に設定できますので、ワーホリビザ申請予定の方は、証明書を入手するために、ビザ申請の1ヶ月前にはこの保険加入手続きを行われると良いでしょう。

すでに学生ビザでフランスに滞在したことがあります。それでもビザ取得できますか?

大丈夫です。フランス滞在歴は調べればわかることなので、また渡航歴は必ず調べられますので、その経験から何故、今回フランスワーホリビザ申請をするに至ったのか、しっかりと動機作文で説明できるということが最も重要でしょう。

シュマン・アッシュのワーホリビザ申請サポートwh13

まずは無料相談の時点で、いつから、どのような計画で渡仏される予定なのか、ご相談ください。
ワーホリビザサポートは、語学留学トータルサポートプラン となります。語学留学であっても無くても、語学留学トータルサポートプランで対応いたします。
ワーホリビザでの滞在を充実したものにするためには、ある程度のフランス語力が必要となります。そのため、渡仏後最初の2~3ヶ月は語学学校に通う方が多く、またそのほうがおすすめです。当初はそのように予定していなくても、渡仏してから語学の必要性を痛感し、語学学校に行きたくなる方もいらっしゃいます。そのような背景から、いつでも語学学校手配も行えるように、語学留学サポートと同じ内容、料金となっています。ただ、サポート完了後にお配りする冊子は2015年ワーホリビザ専用のものですし、担当スタッフはもちろん、ワーホリビザ申請サポートの経験豊富な者となります。
ワーホリでは地方を旅行したりする方も多いと思いますが、安心おまかせプランなら、空港ピックアップタクシー手配、TGV手配、ホテル手配等も行っていますので、ご活用いただけると幸いです。

フランスワーホリビザでの渡仏で気をつけることって、ありますか?wh3

まずは何より、ビザの有効期間内に入国し、出国することです。ビザの有効期限が切れてからも滞在するのは、不法滞在となりますので、今後の諸外国への渡航やビザ取得にも影響があります。この点はしっかり注意して、余裕をもったスケジュールを計画しましょう。
また、ワーホリビザは現地で再発行してもらえません。万が一、フランス到着後にワーホリビザが貼られたパスポートをなくしたり、盗られてしまったらどうなるか?パスポートは在仏日本大使館で発行してもらえるのですが、ビザは日本に帰って再発行申請をしなければならないのです。ワーホリビザはあくまで、在日フランス大使館が発行する特別なビザということなのです。


まずは気軽に何度でも無料相談