フランス留学基礎知識

長期学生ビザ申請必須書類

このビザは学校登録期間が3ヶ月以上の方を対象とします。
このビザの受給者はフランス入国後3ヶ月以内に居住権管轄の移民局OFII へ出頭し、手続きを行う必要があります。
このページでは、大使館指定の必要書類について詳細を説明しています。
コピーとあるものはすべてA4指定です。大使館ビザセクションにコピー機はありません。不備があった場合などに備えて、コピーは多めにとり、持参しましょう。
大使館サイト3ヶ月以上滞在の学生ビザページ

長期ビザ申請書

長期ビザ申請書(フランス語もしくは英語バージョン)1部

ビザ申請用紙は在日フランス大使館サイトのビザ申請書・用紙のページからダウンロードできます。 記入はフランス語もしくは英語となります(選択した用紙の言語にする)。
日本語訳も大使館サイトの同じページに用意されていますが、当サイトではより詳細なフランス語記入見本をご用意しています。
Campus France のアカウント番号はこの用紙の左上に記載してください。 フランスへの入国日を用紙上部のemplacement du talon、シェンゲン協定入国日は26項に記入します。

証明写真

証明写真 1枚 (正面・無帽・白背景・35x45mm・スキャンした写真は不可)

上記申請用紙右上の指定位置に貼り付けます。 必ず指定された通りの写真をご用意ください。
パスポート写真の規定に沿ったもの(歯を出して笑っていない、目を閉じていない、etc)が間違いないでしょう。 眼鏡も不可です。
このサイズの証明写真は、留学後すぐもいろいろと必要になることがあります。ついでに少し多めに用意しておくといいでしょう。

パスポート

パスポート(10年以内に発効されていて、残存期間が申請するビザの期間の最終日から3ヶ月以上残っていて、なおかつビザ貼り付け用のページが2ページ以上残っているもの) そのオリジナルと証明写真のページのコピー1部

パスポートは残存期間が1年を切ったら再発行申請が可能です。
渡仏後も、在仏日本国大使館(または領事事務所)にて、パスポートの更新は可能です。この場合は、大使館(または領事館)に在留届を提出する必要があります(提出はオンラインで可能)。
また、記載事項に変更がある場合は、6ヶ月以内に発行の戸籍謄本(抄本)が必要書類となりますので、ご注意ください。
証明写真ページのコピーは必ずA4で取りましょう。鮮明なカラーコピーを1部提出ですが、このコピーは、数枚取っておき、渡仏の際持参されることをお勧めします。ビザ取得後、ビザのページコピーも出国前に何枚か取って置くと良いでしょう。

申請料金

ビザ申請料金50ユーロ相当の円

支払いは現金、日本円のみです。現行レートで計算するよりもやや多めの現金を用意していきましょう。
フランス政府奨学生は無料です。 ビザ棄却された場合でも、この料金の返金などはありません。

日本以外の国籍の場合

有効な日本の在留カードもしくは外国人登録証明書のオリジナルとコピー

学校の仮登録証明書、入学許可証

学校の仮登録証明書(申請期間分)オリジナル1部、コピー1部(複数の場合それぞれの学校分)

キャンパスフランスに添付提出しているはずの仮登録証明書(入学許可証)のことです。Attestation d'inscription, Certificat d'inscription などと記載されていることが多いでしょう。
この登録期間が、ビザの申請希望期間と同じである必要があります。
数枚ある場合は、すべてのオリジナルとコピーが必要です

経済証明

経済証明 オリジナル1部コピー1部 (学費・生活・食費・交通費、宿泊費を十分に賄えることを証明するもの。

1ヶ月あたり最低615ユーロ相当は必要で、住宅費がかからない場合は1ヶ月あたり308ユーロ相当となります。この場合は必ずその証明書も提出する必要があります。

私費の場合

  • 銀行残高証明書(申請の1ヶ月以内に発行されたもの)
  • 英語又はフランス語で発行されたものか、その翻訳を添付すること

ほとんどの方が私費であると思われます。 現在殆どの都市銀行、ゆうちょなどでは英語で発行してくれますので、英語で発行してもらうのが一番です。ただ、時間がかかることもあるので、余裕をもって作成依頼をしておいたほうが良いでしょう。

奨学金受給者の場合

  • 奨学金支給の証明書(奨学金の支給額および支給される期間が明記されているもの)
  • 英語またはフランス語の翻訳を添付すること

企業派遣の場合

  • 具体的な支給額が明記されている企業からの保証書
  • 英語またはフランス語の翻訳を添付すること

第3者が保証人となる場合

  • 保証書(どのような立場で保証人となるか明記したもの。身分証明書と同じ署名が必要。) 保証人の経済証明書(申請の1ヶ月以内に発行されたもの) 保証人のサインがされた身分証明書のコピー

移民局(OFII)提出用フォーム 移民局(OFII)提出用フォーム

移民局OFII提出用フォーム(上部のみ明記)

大使館サイト指定ページからダウンロード可能 記入方法は大使館サイトに日本語訳があります。
当サイトでも詳細な記入見本をご用意しております。

パスポートを郵送にて受取希望の場合

郵送料 600円分の切手と、住所・宛名を記入した返信用封筒もしくはレターパック510(赤)

ビザはパスポートに貼付されますので、申請時にパスポートを提出します。
審査終了後、提出したパスポートが郵送されてきます(ビザが発行された場合はビザが貼付けられています)。
関東地方在住で、直接大使館に取りにいける方はこの提出は不要です。遠方の方は忘れずにご用意ください。


まずは気軽に何度でも無料相談