フランス留学基礎知識

フランス留学と費用・予算の組み方

主な留学費用とその内容

学費

通学する学校に払う費用です。教科書代などは含まれない場合もあります。
滞在期間により大きく異なり、また留学費用の大きな部分を占めるものです。
例(平均)(20時間/週 コース選択時)

学校種別 約1学期分 1ヶ月あたり
私立 2000ユーロ(1500~3000ぐらいまで) 660ユーロ
大学付属 1000ユーロ(600~2000ぐらいまで) 330ユーロ

都市、また各学校によりかなり差がありますので、あくまで目安としてお考えください

住宅費

ホームステイ代、アパートの家賃など×滞在月数分
アパートに住む場合は、光熱費、水道代も計算します。

滞在方法別家賃の目安

滞在方法 家賃目安
(ユーロ)
探しやすさ 光熱・水道費など メモ
ホームステイ・パリ 900~1500 食事なしの間借りタイプは見つけやすい 家賃以外の住宅費は少し。食事付きかどうかで大きく変わる
ホームステイ・地方 500~700 比較的簡単
学生レジデンス・パリ 700~900 時期による レジデンスにより異なる
(要問合せ)
家具付のところがほとんど
細かな電化製品は個人で買い足す
学生レジデンス・地方 450~650 時期による
学生寮・パリ 500~700 非常に困難 家賃込みのことが多い 最低限の家具付
細かな電化製品は個人で買い足す
学生寮・地方 200~400 学生寮と提携している学校に手配を依頼するのが良い
ステュディオ・パリ 700~ 正式な契約を結ぶのであれば不動産会社を通すのが安心で簡単 基本的に別 家具付の物件もある。
契約が複雑な場合も。
ステュディオ・地方 500~ 家主の個人広告を探すことになる場合が多いのでやや困難
ルームシェア・パリ 500~ 現地で口コミで探し、内見して決める。一部語学学校ではアパートを1つ借り上げてルームシェアとして提供している。
ルームシェア・地方 350~

参考:滞在方法の違いと注意点

航空券

フランスまでの航空券代です。地方の方は空港までの交通費も計算するといいでしょう。

チケット料金目安(参考)

(空港税込) 東京→パリ片道(ユーロ) 東京⇔パリ往復(ユーロ)
高額期 800~1200 1000~1500
低額期 500~700 600~800

あくまで目安です。直通か否か、またご利用の航空会社により大きく異なります。

海外旅行保険・留学生保険

留学生保険、フランスにおいての社会保険加入が必要な場合はその費用

保険料目安

海外留学生保険 10万円~/年
セキュ+ミュチュエル 200ユーロ+300ユーロ/年
弊社推奨アリアンツ社グローブパートナー 540ユーロ/年

あくまで目安です。保険商品等の契約内容などにより大きく異なります

参考:フランス留学と保険について

交通費

フランス入国以降の、TGV料金などの国内移動費。通学にメトロ・バスを使う場合はその費用、自転車をレンタルする場合はその料金等

交通費 例

TGVパリ→マルセイユ片道 約30~80ユーロ(予約時期により異なる)
パリ・メトロ・学生定期/月 約32ユーロ~(ゾーンと期間による)
長期自転車賃貸・地方/月 約20ユーロ~

シュマン・アッシュではTGVチケット予約代行も行っています。

食費

滞在方法によって大きく変わりますが、現地での食費×滞在月数分

例(食費付の場合はそれ以外の食費)

ホームステイ・学生寮などの2食付の場合/月 約150ユーロ~
3食自炊の場合/月 約300ユーロ~

生活費

現地で調達する日常の必需品代

具体例:文房具・洗面用品・化粧品・洗剤・被服費・書籍費etc

通信費

日本から携帯電話を契約する場合も、フランスで購入する場合も、その携帯電話代、3G,4Gなどのインターネット接続料も含む。 またステュディオでプロバイダーと個人契約する場合は、その通信費

フランスで携帯電話を定期契約する場合 約17ユーロ~/月
個人でプロバイダーと契約する場合
(固定電話使用料も含む)
約45ユーロ~/月

交際費

現地でできた友人との交友費

お土産代

日本から持参するお土産と、帰国時にフランスで買うお土産代。

旅行・娯楽費

留学中にする小旅行や、学校で行われる課外授業費、パーティー代など。

予備費

ここに挙げた以外の、細々とした出費用です。慣れない海外生活ですので、多めに見積もることをお勧めします。

緊急

病気、事故、緊急帰国などに備える費用です。安心して留学するために、忘れず多めに用意しましょう。


まずは気軽に何度でも無料相談