フランス留学特集

パリ 短期留学 特集

短期留学ってどのくらいの長さを言うの?

paris1

ビザの申請を必要としない日程の留学です。フランスに90日以上滞在するにはビザ申請が必要となりますので、フランスでの総滞在日数が90日以内の留学となります。
ビザなしですので、フランス現地で滞在を90日以上に延長することはできません。
学校登録は1週間から可能な所が多いので、実質1週間から12週間ぐらいの留学を指します。

短期留学の特徴は?

ビザ不要ですので、学校登録と滞在先さえ確保すればいつでも、旅行感覚で渡仏できます。
旅行の延長感覚で、学校登録時間や期間も自由に選べますし、滞在先はホテルでも、もしくは学校にホームステイを手配してもらっても全く問題ありません。

どのくらい前から準備が必要?

paris2

登録する学校に滞在先手配も依頼する場合、学校側も問合せや予約等の準備が必要ですので、遅くとも授業開始日の1ヶ月前までには登録と滞在手配申込を行うべきです。
学校によっては、1ヶ月前を申込締切と設定しているところもあるので、滞在手配を依頼しない場合も注意が必要です。パリだと滞在先確保が地方都市に比べて難しいため、最低1ヶ月半は見たほうが良い場合も。

短期留学におすすめの学校は‥

paris3-1

短期であれば、日本での習得が特に難しい、会話力、ヒアリング力アップに重点を置いた学校がおすすめ!
文法は日本でも勉強できますし、特にヒアリング力は現地で過ごすと初期にグンと伸びる時期があります。
入門レベルからはじめて90日以内でも、フランス語を聞いて、なんとなく意味がわかる!というレベルに達することが可能です。
特に入門~初級レベルの場合、いきなり文法の授業をシャワーのように浴びても、そもそも先生の言っていることがわからないのに、日本語でも難しい文法説明を受けて全くわからない!とパニックになることも。宿題を出されているのに理解できない、全くちがうことをやっていた‥なんて悲劇を避けるためにもヒアリングは重視しましょう。
せっかくの機会を無駄にしないため、少人数制で会話レッスンを重視した学校から始めるのが、効果を考えると経済的であることも。

じゃあ、パリで短期留学するのに、おすすめの学校は?

paris4

ELFE(1区)
ここは、場所もおしゃれなブティックが並ぶ観光客にも人気の通りにあり、オペラ座までも徒歩で移動可能。授業も基本的に9時からの午前中授業なので、午前中はフランス語の勉強、午後は観光や美術館めぐり、ウィンドウショッピングを満喫、といった滞在が理想的に可能です。
落ち着いた雰囲気で、少人数制のこの学校はヨーロッパ系の生徒も多く、ゆったり学びたい大人の方にも最適。しかも、12週間登録だと割引があるので、意外とリーズナブル!
この学校にするならホームステイが滞在方法としておすすめです。
Ecole Suisse Paris (10区)
なんといってもきめ細やかなプログラム設定、対応で定評のあるパリの語学学校。少しはフランス語を勉強したことがあるけれど、まだまだ初心者という方にぴったり。
少人数制なので会話レッスンも多く、教師陣もサンパ(気さくでやさしい)と評判です。費用対効果は抜群かも。
この学校は校舎内に数は少ないですが家具付きアパルトマンを有しているため、早めに予約すれば比較的リーズナブルに、安心してパリで生活開始できます。(4週間以上の滞在が条件)
ユーロセンター パリ校(6区)
世界に数多くの語学学校を有する語学教育のプロ、ユーロセンターの大人気校がパリ校です。
カルチェ・ラタンにある雰囲気のある校舎でフランス語を勉強するのは、毎日の楽しみという方も。
比較的落ち着いた雰囲気の学校ですので、20代からシニアまで、幅広くおすすめ。
こちらもホームステイ手配に定評があります。

パリでの滞在方法って?

paris5

もっともスムーズで確実なのが、語学学校にホームステイ先を手配してもらう方法。早めに申し込めば、希望条件等を伝えることもできます。
ホームステイはホストとの相性が合えば、語学力上達にはとても有効。学校が手配している場合、トラブルがあってもすぐに対応してもらえることが多いので、その点も安心です。
他には、ホテルレジデンスならばホテル感覚で、なおかつキッチン付きなので落ち着いた滞在をしたい方には便利。
一般の不動産会社を通じて、短期の家具付きアパルトマンを借りれば、雰囲気のあるパリのアパルトマンで本物のパリジェンヌと変わらない生活が体験できます。

短期パリ留学の予算はどれくらい?

paris6-2

授業料: 1週間あたり250から300ユーロ ぐらいが20時間コースを取った時の相場となります。時間数を少なくしたり、滞在期間を予算にあわせたり、フレキシブルに留学計画を立てることができるのが短期留学の良さです。
滞在費: ホームステイ2食付きで、250から300ユーロ ぐらいが目安になります。家具付きアパルトマンなら家賃900ユーロ/月ぐらいから十分ステキな家具付きステュディオを見つけられる可能性あり!
その他、往復航空チケットは時期によって異なりますが、安い時期なら往復10万円以内でも可能。
海外旅行保険は3ヶ月以内ならばクレジットカード付帯の保険も要チェック。
現地での食費、生活費、交通費は100~200ユーロ/週が目安となるでしょう。もちろん、自炊力があるか(笑)食べる量など個人差はあります。
万が一の為に、緊急費用(医療費)も確保しておきましょう。

シュマン・アッシュでは短期留学の場合、何を手伝ってくれますか?

paris7

まずは無料相談の時点で、ご予算やご都合、ご希望に応じたおすすめの学校を提案、ご要望によってはお見積りをお出しいたしますので、渡仏時期、学校、滞在方法を決めましょう。
サポートお申込み後は、学校への申込、滞在手配依頼代行はもちろん、ホームステイ先との待ち合わせや調整、学校とは常に電話で細かく連絡を取って、きめ細かくセッティングします。もちろん、短期留学のためのすべてをまとめたPDF冊子もご用意していますので、心配性の方でも大丈夫。
海外はじめて!という方には安心おまかせプランをお選びいただけば、CDG空港からのおすすめのタクシー手配、ホテル予約、滞在中のフランス国内旅行の為のTGV先行予約などすべて無事帰国の途に着かれるまでしっかりサポートいたします。
とにかく、わからない、困った、どうしたらいい?と思ったらすぐに担当スタッフに連絡するのが一番の解決方法ですよ!

フランス短期留学で気をつけることって、ありますか?

paris8

90日以内に必ず出国しなければなりませんので、あまりギリギリのスケジュールはリスキー。最大でも学校登録期間を85日以内におさめて、余裕をもった滞在計画にしましょう。
現地で口座を作らないので、お金の準備はクレジットカードとユーロ現金がメインになるはず。
クレジットカードは最低2枚は用意して、万が一の場合にお金がなくてこまった!ということがないようにしましょう。


まずは気軽に何度でも無料相談