最新情報

アジュール・ランガ 現地取材リポート

投稿日 2017.01.24

アジュールランガ

ニース

私立語学学校

TGV駅すぐ。出迎えもスムーズ

ニース駅からすぐ近く、学生専用のアパルトマンも併設されている語学学校アジュール・ランガに取材に行ってきました。
場所はTGV停車駅Nice villeから徒歩5分。

日曜到着でしたが無料で送迎バンも出してくれていて、駅到着後名前を書いたボードを持って待っていてくれましたので非常にスムーズにアジュール・ランガ専用アパルトマンに到着しました。

ニースらしさ溢れる建物

校舎は学生専用アパルトマンから繋がっていますが、正門は別。

同じ南仏でもニースは歴史的にもイタリア色が強く建物も装飾が細かいようです。

  • 中庭で授業の休憩時間はコーヒーを一杯。

  • 中も清潔。事務所は校舎向かいの建物にあります。

授業も受けさせて貰いました。語学学校で授業をうけるなんて●十年ぶり…。
先生のニコラはサンパで授業進行も上手。
私が受けた日は、環境問題がメインテーマで、ビデオを見て内容について話し合うタイプの授業。

ノートに書き込むような授業では全くなく、とにかく生徒同士で、またクラス全体で話し合う、会話に重点を置いているのがよくわかりました。 先生にもどんどん当てられて、授業中の発言、というまた久しぶりの体験ができました。

生徒は南米・北欧・中欧・カナダ系が多く、日本人はこの時期1人だけ。中国人が数人いましたが、アジア系は他校とくらべて少ない印象を受けました。 欧米の生徒が多いと、レベルの高い学校になりますが(何と言ってもアルファベットが母国語ですので)そういう学校が良いという方にはとてもおすすめです。

私と同時期に滞在していたフィンランド人の女性が居ました。 フィンランドでフランス語の先生をしているそうで、毎年冬に、この学校にフランス語の勉強をしに来るんだそうです。 この学校の対応の良さなどがお気に入りだそうで、常連なのよ~と話されていました。

午後のエクスカーション

初日の午後はニースの街案内エクスカーションに無料で参加できます。 ただ街を歩くだけではなく、歴史的な背景や美味しいレストラン、美味しいパン屋さんパティスリー、ワインカーブなど地元情報満載です。
なぜなら、案内人ジョージが超美食家でニース生まれニース育ちだから(笑)。 個人的に非常に話があったので、お店情報ばかり聞いてしまいました。

ニースオペラ座をはじめ、歴史的な建築物ももちろん訪れます。 説明も非常に面白く、プロの話!です。 ただ、もしかしたら入門~初級レベルだとこの素晴らしさがわからないかもしれません。
なので、初日だけでなく、上達したら再度参加することをおすすめいたします。
街歩きは午後中かなり長く続くので、歩きやすい靴で参加してくださいね。

Confiserieとニースの夕焼け

最後はアジュール・ランガ御用達?!のConfiserie(砂糖菓子工場とお店)を見学。 砂糖菓子だけでなく、チョコレートも作っていて、色々試食させてもらえます。

食いしん坊な私は、ここでみかんのコンフィとジャスミンティーのジャムを購入。 みかんのコンフィは2ヶ月かけて作るのだとか。バニラアイスの上にのせて、みかんのコンフィを崩しながら食べると最高だよ!とのアドバイスを受けてその通り試してみましたが、本当に美味しかった!!このコンフィはクリスマスのビュッシュ・ド・ノエルにも入れて、ビターチョコレートでコーティングして使いましたが、なかなか好評でした。 ジャスミンティーのジャムのほうは、パン・デピスと相性抜群です!私はシェーブルチーズと松の実とこのジャムでアペリティフを作りましたよ。

ジュニアサマーキャンプ

  • サマーキャンプ会場の高校。 素敵な校舎です

  • 校舎屋上からの眺め

グルメレポートになりそうなので、話を勉強に戻します(笑)

ニースのメインシーズンは当然、夏! 特に欧米では夏のヴァカンスに語学スクールに通って午前中勉強、午後は遊び、というのはよくある過ごし方。
この学校もそのような生徒が夏は多く来るんだそうです。

そしてこのアジュール・ランガは、地元の高校と提携して、もう10年以上ジュニアサマーキャンプを実施しています。 食堂付きの学生寮がある高校が夏は空くので、そこを利用して朝から授業、午後は海に行ったり散歩したり。

基本的にグループ参加ですが、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。 高校生グループ等、特におすすめいたします。


まずは気軽に何度でも無料相談