フランス留学体験談

LCSは利点が多く、学校のアクティビティは豊富 M.R様 22歳女性

フランシュ=コンテ大学 CLA

ブザンソン

大学付属・公立語学学校


フランシュ=コンテ大学CLA  ブザンソンを受講した感想

インテンシブコースを半年間継続受講しましたが、インテンシブでは担任の先生が2人しかいないため、授業の内容や形式は担任の先生に大きく左右されます。

また、夏期以外はインテンシブの受講者が少なく、選択授業の選択ができませんでした。

これに対し、Formation semestrielle Langue, culture et société(通称 LCS)というコースでは、大学の講義のように授業ごとに担任の先生が異なるようです。

また、LCSだけが programme universitaire であり、学期末にDîplomeを取得できたり、学校の隣の食堂の料金が他コースの半額であったりする等、LCSは利点が多いと感じました。

しかし、授業以外の面では、学校のアクティビティ企画部門による旅行や映画鑑賞などの課外活動に参加し、楽しく過ごすことができました。

また、病気の際は学校側が迅速に医師と連絡を取ってくださり、コースの受講を中止した際は学校側が返金手続きをしてくださりました。

ブザンソン(都市)の印象

ブザンソンはこじんまりとした街で、大都市等に比べ治安がよいと思います。

交通網も比較的よく整備されています。商店は旧市街とChâteaufarine という地区に集中しています。

また、ドゥー川と旧市街の景色がきれいだと感じました。

特に、旧市街の東西、ドゥー川沿いにParc Michaud と Gare d’eau という場所がありますが、双方ともに景色がよく、個人的にはおすすめスポットです。

学生寮滞在の印象

学生寮では、夏期を除き月に数回イベントがあり、居住者同士で交流することができました。

また、学生寮の修理対応は迅速に行われました。学生寮居住中に水道管が詰まった際はすぐに業者が修理し、また、断水時には2日後に復旧しました。

しかし、語学学校ではフランス人とあまり交流する機会がないため、フランス人と多く会話し、フランスの生活様式を知るためにホームステイをすればよかったと後悔しています。ステイ先との相性が合わなかった場合は、学校側に依頼しステイ先を変えることができると知りました。また、間借りホームステイは食事付きホームステイに比べ、かなり費用を抑えることができると知りました。

しかし、ホームステイ経験者によると、食事の際に最もホストファミリーと話すそうなので、ホームステイを継続する場合、その費用を抑えるためには食事付きステイをした後に間借りステイをするのがよいと個人的には思います。

シュマン・アッシュをご利用いただいた感想

遅くに留学サポートを依頼したのにも関わらず、迅速で細やかな対応していただき、誠にありがとうございました。一つ一つの質問に丁寧かつ速やかに答えていただき、大変助かりました。


まずは気軽に何度でも無料相談